中小屋の魅力

中小屋の人々は自然と共存し自給自足の生活を送っています。

自然に逆らうことなくそこに、小川があれば丸太で橋をかけ、

吹雪の日には囲炉裏を家族で囲み寒さを凌ぎます。

集落の景色は一年を通して目まぐるしく変化します。

春には黄金に輝き、ほのかに香る甘い香りで虫たちを誘う福寿草。

夏には素朴で淡い光を発し、小川の水面を照らす蛍。

秋には集落を囲む山々の色鮮やかな模様替えをする紅葉。

冬には青空高く、太陽の光を浴びて輝き放つ、しんしんと降り積もった雪。

このように最近では見ることのできない日本の四季の移り変わりを、

中小屋ではより自然に近い状態で体感できます。